『里山資本主義』
- 2017/07/05(Wed) -
藻谷浩介、NHK広島取材班 『里山資本主義』(角川ONEテーマ21)、読了。

里海から里山と、逆の順番で読んでしまいました。
1作目である本作の方が、「里山資本主義」という言葉の本質を書いているのだろうなと
期待して読み始めたのですが、何だか、里海ほどの腑に落ちている感がなかったです・・・・。

紹介されている「エコストーブ」「CLT」「ジャムづくり」といった事例が、
それぞれは興味深い活動なのですが、
では、それらを横串として貫く思想は何なのか?と言った時に
「それが里山資本主義だ!」となる程までに、里山資本主義という概念が
定義づけられていないような印象を受けました。

要は、里山資本主義って何なのかが、私には本作を通して掴むことができませんでした。

マネー資本主義と対比して里山資本主義を説明しようとしていますが、
この設定が、そもそも誤っているのではないかと思えて仕方ありません。

マネー資本主義は、リーマンショックで気づかされたような
金融工学の結晶のような高度な金融商品が、現実世界と乖離して世界経済を大きく
動かす力になっていたというような現象に象徴されると思いますが、
そもそも日本の里山が廃れたり、里海が汚れたりしたのは
マネー資本主義のせいではなく、高度経済成長に代表されるような
従来型の資本主義のせいであり、時間軸がズレているように思います。

マネー資本主義と対比した方が、主張のインパクトは増すのかもしれませんが
腑に落ち感がなくなってしまうように思います。

そして何より、里山資本主義を体現する田舎暮らしというのは、
都市部の企業が日本全体の経済機能を担っているからこそ生まれる経済の安定感のおかげで
その傘の下でこじんまりと好きなことをして生きていくことのように思えてしまいました。
大きな庇護のもとで、その庇護の主体を批判しながら、安全な暮らしを謳歌するという
なんだか捻じれた立場に居るような気がしてなりません。

日本全体が里山資本主義の人々で溢れてしまったら、
経済活動として成り立たないように思います。
まぁ、人口オーナス期に入ってしまった日本は、国家の規模を縮小していく時期なんだ
ということなのかもしれませんが・・・・・。

里海資本論に比べて、なんだかモヤモヤが残る本でした。
それはやっぱり、里山資本主義とは何なのかが、
イマイチ私には分かっていないことに尽きるようです。


里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)
藻谷 浩介 NHK広島取材班

KADOKAWA/角川書店 2013-07-10
売り上げランキング : 6565

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  藻谷浩介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『捜査一課Ⅱ』 | メイン | 『里海資本論』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5260-ad301a25
| メイン |