『湯の宿の女』
- 2017/06/27(Tue) -
平岩弓枝 『湯の宿の女』(角川文庫)、読了。

お初の作家さんです。

表紙のイラストから歴史ものかと勘違いして読み始めたら、
現代の温泉宿の女中さんの話からスタート。
現代の短編集でした(苦笑)。

1本1本は短めなのでサクッと読めますが、
最後のオチがどうにも弱い印象です。

ズルズルっと終わっちゃう感じでしょうか。

舞台設定も時代を感じるものが多く、
距離を感じてしまいました。

時代物の方が、変に時間の壁を感じずに済むかもしれませんね。


湯の宿の女 新装版 (角川文庫)湯の宿の女 新装版 (角川文庫)
平岩 弓枝

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-04-23
売り上げランキング : 424733

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ウメップ』 | メイン | 『昨夜のカレー、明日のパン』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5251-8010b31e
| メイン |