『和菓子のアン』
- 2017/06/22(Thu) -
坂木司 『和菓子のアン』(光文社文庫)、読了。

デパ地下の和菓子屋のアルバイトを選んだ女の子が主人公。
そのバイト先で遭遇する不思議な出来事の謎を解く短編集ですが、
日常ミステリというよりは、私はお仕事小説として楽しみました。

デパ地下における営業前の準備状況や閉店後の片付けの様子、
シフト体制やデパート社員、テナント社員、アルバイトなどの関係性、
デパート隠語から和菓子隠語まで、
結構、情報が豊富で面白かったです。

日常ミステリとしては、謎がファンタジー過ぎというか、
リアリティがない感じがして、そこはちょっと読み飛ばし気味だったりして(苦笑)。

和菓子屋「みつ屋」の店長、社員、バイト2名のそれぞれが
個性豊かというよりは、これまたリアリティのないアクの強さで、
物語自体が浮き上がっちゃってたのは残念でした。

高卒の娘が就職活動もせずにフリーターになっちゃったのに、
お母さん、まったく危機感ないのねぇ・・・・・とか
余計なところが気になっちゃったり。

でも、このリアリティのなさが、
サクサク読めるテンポを生み出していたのも確か。

お気楽小説として読むには、お手ごろだと思います。


和菓子のアン (光文社文庫)和菓子のアン (光文社文庫)
坂木 司

光文社 2012-10-20
売り上げランキング : 23165

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『さすらい波太郎』 | メイン | 『明日の空』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5245-0f0696b9
| メイン |