『世界の宗教問題の基本』
- 2017/06/11(Sun) -
保坂俊司 『世界の宗教問題の基本』(青春新書)、読了。

宗教の解説というよりも、
世界の紛争問題のうち宗教関係のものを解説した本という感じです。

なぜ対立するのか、なぜ救済ではなく攻撃なのか、
そのあたりを各宗教の教えや宗派構造、歴史などを踏まえて
分かりやすく解説しています。

太古の昔から、宗教と政治は不可分の間柄だと思いますが、
今に至っては、高度なレベルで政治的に利用されているのが宗教なのかなと。
しかし、政治の道具にされているだけではなく、
ピュアに宗教を信仰している人たちの吹き出す思いというものもあり、
この非常に複雑な絡み合いが、紛争問題を混迷の極みに追いやっているのでしょうね。

そんな難しい宗教問題を解説した本作は、
とても冠通りに「2時間でザックリわかる!」という訳にはいかず、
しっかりとした読書となりました。


2時間でザックリわかる!世界の宗教問題の基本 (青春新書INTELLIGENCE)2時間でザックリわかる!世界の宗教問題の基本 (青春新書INTELLIGENCE)
保坂 俊司

青春出版社 2008-05-02
売り上げランキング : 1148163

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『定年ゴジラ』 | メイン | 『虹色にランドスケープ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5237-c4ba3c48
| メイン |