『定年ゴジラ』
- 2017/06/12(Mon) -
重松清 『定年ゴジラ』(講談社文庫)、読了。

東京郊外のニュータウンで定年を迎えた主人公。
毎日することがなく、町内を散歩する日々。
そこで出会った同じような境遇の男たちと意気投合し・・・・・。

実家が自営業なので、家族が定年を迎えるという状況に遭遇したことがなく、
また古い商店街の中に実家があるのでニュータウンという類の地域にも縁がなく、
主人公のような境遇の人は、お話の中でしか出会いません。
(もちろん会社の同僚にはたくさんいたと思いますが、公私は別ですからね)

そんな、親近感のない世界を、主人公のおじさんたちの目を通して
じっくり描いてくれるので、定年生活というものがどんな日々なのか
具体的に目の前に広がっていく感じでした。

仕事がない、家の役目も特にない、遊ぶ場もない、友人もいない、
こんな状況に自分が追いやられたら、私なら鬱になってしまいます。
主人公の家庭は、奥さんが強くて明るいのが救いですね。

4人のおじさんの奮闘記ですが、
熱くなったり、カッとしたり、落ち込んだり、嘆いたり、
感情の歯止めが緩くなっているのか、結構、騒々しい日々です。
そんな中で、主人公は冷静に周囲を見ているので、
自分で自分たちの置かれている立場にハッと気づくことが多々あり、
その分析が興味深いのです。

日本経済を支えてきたと自負する男たち。
しかし、時間を持て余す日々。
どうやって自分の気持ちを整理するのか、
そのプロセスが見えて面白かったです。

通勤片道2時間って、東京都内にしては時間かかり過ぎじゃない?と思いましたが
検索してみたら、ニュータウンのモデルは八王子のめじろ台って書かれている
Blogがありました。
時間の感覚からなんとなく青梅線沿線をイメージしていたのですが、
私鉄沿線って書いてありますし、めじろ台の方が合ってそうですね。

作中で主人公も言っていますが、
主人公の娘2人にとってはニュータウンが実家であり故郷。
「ふるさと」っていう言葉は、やっぱり地方人のためにあるのかなと
思ってしまいました。
ニュータウンの家に戻ってくるときって、どんな感じなんでしょうかね。
地方人の私には、娘たちの感覚がイメージしきれませんでした。


定年ゴジラ (講談社文庫)定年ゴジラ (講談社文庫)
重松 清

講談社 2001-02-15
売り上げランキング : 11747

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  重松清 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『みっともない老い方』 | メイン | 『世界の宗教問題の基本』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5236-c564c220
| メイン |