『虹色にランドスケープ』
- 2017/06/10(Sat) -
熊谷達也 『虹色にランドスケープ』(文春文庫)、読了。

バイク好きの人たちを描いた連作短編集ということで、
正直、私は興味のない分野なのですが、
熊谷作品ということで読んでみました。

1話目は、リストラされ次の仕事が見つからない中年男が
将来を悲観して、バイク事故を装った自殺で保険金を家族に残そうとする話。
いきなり爽快さのない暗い話で、
しかも主人公の男が、全然、世の中が見えていない能天気ぶりで、
あまり共感できずに終わってしまったのですが、
2話目から引き込まれていきました。

ツーリング仲間だったり、バイク屋とその客だったりと、
各話の主人公たちが繋がりをもって話が展開していくので、
立体交差するような物語の構造が面白かったです。

そして何より、1つ1つの物語に、
その主人公の人生がぎゅっと詰まっている感じで、
バイクというモノを通して、その人が重ねてきた時間や、作ってきた人間関係、
そして、これからの出来事への思いといったものが描かれていて、
深みのある話たちでした。

バイク好きの方々は、バイクにのめり込んでいる感じが、
外野から見ていても伝わってくるのですが、
その、のめり込みぶりが、人生の姿と重なって、
味のある小説に仕上がっていると思いました。


虹色にランドスケープ (文春文庫)虹色にランドスケープ (文春文庫)
熊谷 達也

文藝春秋 2008-10-10
売り上げランキング : 214477

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  熊谷達也 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『世界の宗教問題の基本』 | メイン | 『県庁おもてなし課』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5235-982f0f99
| メイン |