『県庁おもてなし課』
- 2017/06/09(Fri) -
有川浩 『県庁おもてなし課』(角川文庫)、読了。

高知県を舞台に、まちおこしに取り組む県職員の若者を追った
青春お仕事ストーリー+恋愛もの。

第1章を読んでいる間は、あまりの高知県庁のお役所仕事ぶりに
辟易としてしまいましたが、そのダメっぷりに主人公が気づいてからは、
彼の成長小説な要素も加わり、面白くなってきました。

入庁3年目の若手県職員の主人公、
お役所ルールの異様さに気づいていない県庁の面々、
紅一点民間感覚のバイトの女の子、
そして、元県職員の観光コンサルタントと、その頑固娘と売れっ子作家。

キャラがどれも立っていて、読みやすいです。
ドタバタコメディモノとしては分かりやすい配置になっています。

さらに、本作では、血縁関係の複雑さを観光コンサル一家に味付けしており、
独特な情緒が流れる作品となっています。
やや演出過剰な感じもしますが、軽いノリで描いているので
それほど気にならずに読むことができました。

観光特使のエピソードとか、
もう、そのまま有川さんの体験談のようなのですが、
笑い飛ばしているように見えて、結構な恨み節もこもっているような気が(苦笑)。

そもそも「おもてなし課」なんて名前を付けちゃうぐらいなので、
発案者の知事の思いがこもった施策だと思うのですが、
その割には、本作の中でまったく登場してこないので、そこは違和感。
トップダウン施策には、トップダウンなりのスピード感や発言力があり、
一方では上からの細かい指示や介入があってしかるべきなのに、
そこが描かれていないのはリアリティに欠けると思います。

民間事業者との軋轢についても、ほとんど描かれていないので、
県庁職員と観光コンサルが動いただけで、
そんなに簡単には大きな仕事はできないよ・・・・と思ってしまいます。

なので、本作の位置づけとしては、
お仕事小説ではなく、青春小説やラブコメの要素が強いのかなと。
そして、結局は、お役所仕事をくさすのが目的かと(爆)。

コメディとしては面白く読めます。
地方の可能性を感じることもできます。
でも、リアリティに欠けます。


県庁おもてなし課 (角川文庫)県庁おもてなし課 (角川文庫)
有川 浩

角川書店 2013-04-05
売り上げランキング : 60998

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  有川浩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『虹色にランドスケープ』 | メイン | 『企業を高めるブランド戦略』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5234-e96faa20
| メイン |