『用もないのに』
- 2017/05/30(Tue) -
奥田英朗 『用もないのに』(文春文庫)、読了。

脱力系エッセイ。
前半は野球の話、後半は物見遊山の話。

重たい小説を書く作家さんなに(伊良部シリーズ以外・笑)、
エッセイは脱力系なんですよねぇ~。

前半の野球の話は、北京五輪に行き、大リーグに行き、楽天の初ホーム戦に行き。
大ファンらしい中日ドラゴンズとは一線を画したエッセイなのが
程よい脱力感になって良いのでしょうね。
ドラゴンズの話になると、見境なくなりそうですしね(苦笑)。
北京五輪で「あべー(呆)」ってボヤいてる方が面白いです。

深刻な野球解説をするわけでもなく、
北京五輪について鋭い分析を加えるわけでもなく、
中国人のスポーツ観戦マナーを評するわけでもなく、
中国観光をあちこち行くわけでもなく、
単なる野球ファンとして思ったことを冗談も交えながら軽く書き進む。
野球そのものを楽しんでいるファンの姿ですね~。

後半の物見遊山エッセイは、
まーとにかく編集者をたくさん引き連れて
フジロック、愛知万博、富士急ハイランド、四国お遍路さん、
脈略もなく、あちこち歩き回ってます。

どこかの雑誌の編集者が依頼した企画でも、
ライバル紙の編集者たちものこのこ付いてきてて、
へ~、こういう業界文化なんだぁ・・・・と興味深かったです。

どこの会社が言い出しっぺの企画であろうと、
大作家さんが行く物見遊山にはとりあえず付き合って、
作家との距離を縮めるとともに、あわよくば企画のおこぼれでエッセイの1本でも・・・・
みたいなところでしょうか(笑)。
この業界は、横のネットワークが凄そうですね。


用もないのに (文春文庫)用もないのに (文春文庫)
奥田 英朗

文藝春秋 2012-01-04
売り上げランキング : 303871

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  奥田英朗 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『フジ三太郎<3>』 | メイン | 『スベラない商談力』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5226-058e2142
| メイン |