『家計からみる日本経済』
- 2017/05/28(Sun) -
橘木俊詔 『家計からみる日本経済』(岩波新書)、通読。

オーソドックスな分析なので、頭の整理にはなりましたが、
特に面白いと感じる部分はなく・・・・・。

冒頭、著者のスタンスとして、
「日本経済に関しては経済成長を第一目的とする必要はない」
と書かれており、そこに共感できなかったので、
その後にどんな分析がこようと、心の距離は開いたままでした。

医療の進歩と社会福祉の充実でどんどん高齢者は増えていくのに
経済成長がなければ、今ある財を食いつぶして終わりになってしまうと感じます。
少子化で良いというのでしょうか。
それとも若者は貧しくても良いというのでしょうか。

少なくとも、今の日本が置かれている経済の仕組み、そして年齢別人口の偏りにおいては、
経済成長なくして明るい未来はないと思います。

高齢者でも生き生きと働ける社会、
若者には多様な働き方が選択できる社会が、
これからの日本で必要な姿ではないでしょうか。

また、本作では女性の働き方についても指摘していますが、
「戦前戦後は多くの女性が働いており、専業主婦が女性の夢だった」というのは
その通りだと思います。

戦争下の貧しさという特殊な状況を除いたとしても、
一次産業従事者が多かったので、当然、女性も重要な労働力だったでしょうし、
商売をやっている家庭でも、女性は一緒に働いていたものと思います。
結局、高度成長期に、サラリーマン家庭が増えたために女性が家にこもるようになっただけで、
女性は昔から就業の自由を奪われていた・・・・というのは誤った見方、
現在から過去を眺めたときの想像力の貧困による誤解ではないかと思います。

現在は、共働き家庭も増えてきましたが、
夫婦ともにサラリーマンというモデルケースばかりが考慮されているような気がします。
一次産業従事者だったり、零細企業や個人事業主のような家庭の夫婦の姿も
もっと考慮に入れた政策協議があると良いのになと感じました。
本作の感想からは、だいぶ、離れていってしまいましたが(苦笑)。


家計からみる日本経済 (岩波新書)家計からみる日本経済 (岩波新書)
橘木 俊詔

岩波書店 2004-01-20
売り上げランキング : 56214

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  橘木俊詔 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『スベラない商談力』 | メイン | 『エンジェルエンジェルエンジェル』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5223-bfc65088
| メイン |