FC2ブログ
『警視庁刑事』
- 2007/03/06(Tue) -
鍬本實敏『警視庁刑事』(講談社文庫)、読了。

私の「読みたい本リスト」に載っていたので
「見つけた、しめしめ」と思って買ってきたのですが、
正直、拍子抜けでした。

事件捜査の裏側や、人の動かし方、味方の作り方まで
外部の人間には言えないようなことをいろいろ話しているという内容なのですが、
経験に比べて文章に落とせている量が薄いように感じました。
インタビュー形式だったのが私の肌に合わなかったのでしょうか?
聞き取ったままの文章といわんばかりの文体も
ちょっと読み辛かったです。

ヤクザ者との付き合いや、違反切符の誤魔化し等、
「そんなことまで話していいの?」と思えるエピソードは満載。
でも、社会人として一人の組織人として読むと、
興味より抵抗感のほうを強く感じてしまいました。

警視庁刑事―私の仕事と人生
警視庁刑事―私の仕事と人生鍬本 実敏

おすすめ平均
starsちょっと事件の話が古い
stars波紋があるうちは石の場所がわかる
stars鍬本って誰だ
stars第一級資料となりうる警察内部暴露本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『銀行狐』 | メイン | ウンナンタイム>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/522-38d277fe
| メイン |