『この世はウソでできている』
- 2017/05/18(Thu) -
池田清彦 『この世はウソでできている』(新潮文庫)、読了。

清彦センセの本は、刺さったり刺さらなかったり
温度差が結構あるのですが、
これは「世の中のウソ」という社会科学的に興味深そうなテーマを扱ってそうで、
期待していたのに・・・・・・・イマイチでした。

まえがきにて、ウソと社会システムの関係から書き始めていたので、
「これ、これ!」とワクワクしたのですが、
本文に入ったら、なんだか小さな話を突き回している印象が強くて、
イマイチ乗っていけませんでした。

社会の常識を分かりやすく批判するために、
些細なことにケチをつけている感じと言ったらよいのでしょうか。

もっと大きな社会のウソをしっかり書いてくれよ~と思っちゃいました。


この世はウソでできている (新潮文庫)この世はウソでできている (新潮文庫)
池田 清彦

新潮社 2016-01-28
売り上げランキング : 96874

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  池田清彦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『道元と曹洞宗』 | メイン | 『邪悪なものの鎮め方』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5214-7e9189f4
| メイン |