『どくとるマンボウ青春記』
- 2017/05/10(Wed) -
北杜夫 『どくとるマンボウ青春記』(新潮文庫)、読了。

久々のマンボウ先生
本作は、旧制高校時代を振り返った作品です。

バンカラな生徒が集まった松本高校・西寮での生活は、
先生にいたずらしたり、テストが分からず詩を書いたり、
もう、やりたい放題な感じです。
平たく言ってしまうと、集団躁状態のような。

その反動で大学生活では、内面に引きこもってしまうような
思索にふけったようですが、躁鬱の北杜夫、ここに生まれりという感じでしょうか。

終戦前後の時期を旧制高校で過ごすという
非常に特殊な時期を経験しているマンボウ先生。
貧しさと戦争が終わった解放感が変にマッチして、パッカーンと明るい高校生活です。

しかし、大学に進学する頃になると、
次第に日本という国も生活が回復してきて、
モノゴトを考える余裕が出てきたリ、将来に向けて何かを企てたりする時期に
なってきたのでしょうね。
そこから深い思索の谷に落ちていったようです。

加えて、父親が有名な歌人であり、医者の家系を継げというプレッシャーもあり、
追い込まれる要素は出揃ってますなぁ・・・・。
あんまり直接的な言及はないですが、
しかし、やっぱり、圧力はすごかったと思います。

それに抵抗したという感じはなく、
素直に従ったような印象でしたが、
その分、自分の内面で整理をつけていくのは大変だったのでしょうね。
それが、後年の発病につながるような気が。

いずれにしても、最後の旧制高校性として、
その充実した日々を活き活きと描いている作品として、
面白く興味深いものでした。


どくとるマンボウ青春記 (新潮文庫)どくとるマンボウ青春記 (新潮文庫)
北 杜夫

新潮社 2000-09-28
売り上げランキング : 83645

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  北杜夫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『「仕組み」仕事術』 | メイン | 『アラビア遊牧民』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5205-93cfce31
| メイン |