『犯韓論』
- 2017/05/06(Sat) -
黄文雄 『犯韓論』(幻冬舎ルネッサンス新書)、通読。

頂きものの本。

てっきり、著者は韓国人の方だと思っていたのですが、
台湾人なのですね。
昔、北朝鮮から韓国に亡命した人で、黄スンヨプ氏っていましたよね。
だから、著者も朝鮮系の方なんだと思い込んでました。

母国をどう評価しているのだろうか?という興味で手に取ったのに、
第三者が日韓関係についてアレコレ意見を述べているだけだと分かり、
なんだか拍子抜け。

で、肝心の中身はというと、
感情的な文書が書き連ねられているだけで、
資料に基づく分析とか証明はないままに、
ただ言いたいことを述べているにすぎません。

しかも、同じ話が何度も出てきて読みにくいです。

これでは、根拠も提示せずに相手を貶めているだけで、
同じ穴の狢ではないでしょうか・・・・・・・。


犯韓論 (幻冬舎ルネッサンス新書 こ-4-1)犯韓論 (幻冬舎ルネッサンス新書 こ-4-1)
黄 文雄

幻冬舎ルネッサンス 2014-03-03
売り上げランキング : 408578

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『キトキトの魚』 | メイン | 『死者は空中を歩く』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5200-fd845b2e
| メイン |