『フィルム』
- 2017/05/01(Mon) -
小山薫堂 『フィルム』(講談社文庫)、読了。

「東京での暮らし」というものが端的に表現されている
面白い短編集でした。

特に、これといって大きな出来事が起こるわけではないのですが、
人それぞれの様々な生活の形の中で、
その人生のエッセンスが凝縮された瞬間を上手く切り取って
短編の中に表現されているなと感じる作品たちでした。

私は、東京から三重県に引っ越して1年ちょっとが経ちましたが、
この本に登場してくる主人公たちは、
本人が意識するしないに関わらず、
いかにも東京っぽい暮らしぶりというか、
東京でしか味わえない暮らしをしているなという気がしました。

そんな世界観に懐かしさを覚える一方で、
三重県での、もっとのんびりと充実した日々をありがたく思ったり。

食事のシーンや、果物、飲み物など、
美味しさと思い出の組み合わせが効果的に使われており、
自分も、美味しいものを楽しい仲間や大事な家族と一緒に楽しむ日々を
送りたいなと思いました。


フィルム (講談社文庫)
フィルム (講談社文庫)小山薫堂

講談社 2009-06-12
売り上げランキング : 66933


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  小山薫堂 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』 | メイン | 『察知力』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5196-b9145aa4
| メイン |