『おもしろいマリンバイオテクノロジーのはなし』
- 2017/04/22(Sat) -
松永是 『おもしろいマリンバイオテクノロジーのはなし』(日刊工業新聞社)、通読。

20年前の本ですが、
当時の最先端の海洋関連バイオテクノロジーについて紹介した本。

著者は、専門外の初心者向けに入門書を!というつもりで書いたようなのですが、
内容はまだまだ専門用語が並んでて、目的は達成できていないように感じました。

というか、「より多くの人にマリンバイオテクノロジーのおもしろさを知って欲しい」という
目的に対して、アウトプットがずれているように感じました。

著者が行っているのは、最先端の研究内容を紹介することですが、
それを面白がるのは、その分野の人たちだと思うんですよね。

最先端の研究内容を素人が面白いと感じるためには、
なぜ、そのような研究に価値があるのか、今まで上手く行かなかった壁は何だったのか
どうやってその壁を乗り越えたのか、というような、過去から現在、将来にわたっての
研究プロセスが進行していくワクワク感だと思うんですよね。

一流の研究者の本が面白いのは、
そのプロセスのワクワク感を素人にも上手く伝えられるから、
そして、それは、研究者本人が心の底からワクワクを感じているからだと思います。

教科書的な本が面白くないのは、
研究に携わる人のワクワク感が伝わってこないからだと思います。


おもしろいマリンバイオテクノロジーのはなしおもしろいマリンバイオテクノロジーのはなし
松永 是

日刊工業新聞社 1996-07
売り上げランキング : 1643902

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『立花隆秘書日記』 | メイン | 『人生で大切なことはすべて「書店」で買える。』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5184-7741c610
| メイン |