『ヒラリーとライス』
- 2017/04/16(Sun) -
岸本裕紀子 『ヒラリーとライス』(PHP新書)、読了。

トランプ vs ヒラリーの戦いをずっと見てきたため、
ヒラリー・クリントンを、「大統領候補」として眺めており、
あまり「女性」という視点で意識しなくなってしまいました。

もちろん、初の女性大統領誕生なるか?という要素はあるのですが、
私個人の判断軸として、「女性初」という部分にあまり価値は見いだせず、
「今のアメリカに必要な大統領か?」という観点で眺めていたので、
性別を超越してしまっていました。

が、懐かしいお名前「コンドリーザ・ライス」と並べられた途端に、
「あぁ、女性の政治家(または閣僚)としての哲学も多様なんだな」と気づき、
本作は、面白い読書となりました。

正直、両氏の政治思想については表面的にしかなぞっていないので、
政治家の解説本として読んでしまうと、非常に不満が残る浅さだと思います。

しかし、「女性のキャリア形成」とか、「女性の仕事哲学、人生哲学」といった
観点で見ると、この対極的な2人を見ることは、非常に興味深いです。

男性の中で紅一点、冷静に着々と仕事を進める独身のライス。
一方で、女性に囲まれ、女性に嫌われ、夫に従い、夫の女性問題に悩まされるヒラリー。

私自身は、ライス的な生き方を好んでいるなという自覚がありますが、
ヒラリー的な強さとしなやかさにも憧れはあります。
(女性問題に悩むのは嫌ですが・・・・・・)

果敢に上を目指す女性であっても、
様々なタイプがいるということを知るには、面白い本だなと思います。


ヒラリーとライス アメリカを動かす女たちの素顔 (PHP新書)
ヒラリーとライス アメリカを動かす女たちの素顔 (PHP新書)岸本 裕紀子

PHP研究所 2006-11-16
売り上げランキング : 906201


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『これだけは知っておきたい独立・企業の基本と常識』 | メイン | 『頭にガツンと一撃』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5178-801d32cb
| メイン |