『頭にガツンと一撃』
- 2017/04/15(Sat) -
ロジャー・フォン・イーク 『頭にガツンと一撃』(新潮文庫)、読了。

何かで本作が紹介されているのを読んでいたので買ってきました。

アメリカの企業で研修用に使われていたテキストを本にしたもの。
専門性を叩き込む日本の企業研修とは違って、
柔軟な思考方法を生み出すための様々なアプローチ方法を紹介しています。

正解は1つではない、様々な視点から回答は得られるし、
その中でどれを採用するかにより戦術は変わってくる。
ビジネス面では、正解が1つではないということを学ぶだけでは不十分で、
では、その選んだ解から、どうやって最大限の利得を生み出すのかという
そのアプローチが重要なのではないかなと感じました。

軟らかい思考を持つには、精神的に余裕がないといけないですし、
様々な経験を積んで視野の広さももっていないといけません。

まだまだ、やるべきことはたくさんあるなと感じた読書でした。


頭にガツンと一撃頭にガツンと一撃
ロジャー・フォン・イーク 城山 三郎

新潮社 1984-04
売り上げランキング : 212959

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  城山三郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ヒラリーとライス』 | メイン | 『ザ・ゴール2』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5177-84e8a621
| メイン |