『村田エフェンディ滞土録』
- 2017/04/04(Tue) -
梨木果歩 『村田エフェンディ滞土録』(角川文庫)、通読。

Amazonでは非常に評価が高い作品でしたが、
私は物語の世界に入っていけませんでした。

テーマとしては、登場人物たちそれぞれの国や民族が持つ
宗教、歴史、民族性などが語られた比較文化論として
興味深いものがあるはずなのですが、
何となくタイトルから、エンタメ小説としての山あり谷ありを期待してしまったので
淡々とした描写を物足りなく感じてしまいました。

明治時代のトルコという
時間軸的にも地域的にも縁が薄い場所が舞台というのも
少しマイナスに作用したかもしれません。

もう一度、別の機会にゆっくり読んでみれば
本作の面白さに気づけるかもしれません。


村田エフェンディ滞土録 (角川文庫)村田エフェンディ滞土録 (角川文庫)
梨木 香歩

角川書店 2007-05
売り上げランキング : 34165

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  梨木香歩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『天才たちの値段』 | メイン | 『犬はどこだ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5166-e125a29a
| メイン |