fc2ブログ
『流れる』
- 2007/02/28(Wed) -
幸田文 『流れる』(新潮文庫)、読了。

自分の中で思わぬヒット作でした。

独特なリズムを持った文体で、
読んでいて「楽しい」と感じることができます。
解説でも触れられているように、擬音語が多用されており、
また、ありきたりな表現ではなく、それぞれが非常にユニークです。
「恋でへぐへぐになる」だなんて、現代のようなノリの言い回しです。

そしてまた、キャラクター設定が面白い!
かつては良いところの奥様だったという主人公の
臨機応変な身のこなしと、鋭い観察力による描写とで
芸者置屋の日常を見事に抉っています。

そして、芸者連中やその取り巻きの人間模様も
山あり谷あり事件続出で、休まる時がありません。

物語の結末は、話の流れからすると已む無しの展開なのでしょうけれども、
なかなかに寂しいものがありました。
梨花さんは、このあとどうなっちゃったんでしょうかねぇ。


流れる
流れる幸田 文

おすすめ平均
stars著者の実体験
starsじつはオールウェイズ三丁目の夕陽のころのお話
stars賢い女
starsサクセスストーリー
stars清々しい生きざま

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  幸田文 | CM(2) | TB(1) | ▲ top
<<『連合赤軍「あさま山荘」事件』 | メイン | 内村さまぁ~ず>>
コメント
--
はじめまして!TBありがとうございます。
「流れる」は、言葉の一つ一つがキラキラと輝いていて、読んでいて気持ちのいい作品ですよね。
私も大好きです。
こちらは読書が好きな人にはたまらない、素敵なブログですね。
ちなみに関係ないですが、私もウッチャン好きです^^
またお邪魔します。
2010/09/29 18:26  | URL | NAO #-[ 編集] |  ▲ top

--
NAOさま

CM&TBありがとうございます!
『流れる』は、ホントに読んだ瞬間、凄い!!と思った一冊でした。
作品に流れるリズムが、とても心地よいんです。

あと、内村さん話は、関係アリアリですよ~。
好きって言ってくださって、ファンとして嬉しい限りです。
2010/09/30 22:27  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/516-41413965
-「流れる/幸田文」感想・・・賢い女のサクセスストーリー(100点)-
複雑な人間関係の中で、どううまく立ち回るか?? おもしろい! 語弊はかなりあると思うけど、現代で言うところの「家政婦は見た!」的な... …
2010/09/29 18:18  スターブックスコーヒー~本と映画とおこづかいかせぎ~ ▲ top

| メイン |