『朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』
- 2017/03/22(Wed) -
小山昇 『朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』(ダイヤモンド社)、読了。

「○○をすれば儲かる!」という類の本は、普段は読まないのですが、
小山昇氏の著作ということで読んでみました。

ホッピーの石渡美奈社長の著作で知った小山昇氏。
徹底的に整理整頓を行う「環境整備」。
それを毎日きちんと行えば、会社の業績は上がると言います。

しかし、本作を読んでみると、
環境整備を行うこと自体が儲けを呼ぶのではなく、
毎日決まった内容の環境整備を行える組織にすることが大事なのです。

そのような組織にするにあたり、小山氏は割り切った考えを持っています。
・環境整備は自発的に行えるようにするのではなく強制させる。
・嫌だと思う従業員は辞めてもらって構わない。
・勉強会に出席するのもお金で釣る。
・見学者に挨拶してもお金を出す。だからみんなやる。

強烈なトップダウンと独裁的な発想で、
極端に言うと、「従業員はやらせないとできない」という判断からスタートしています。

それが嫌な人はどんどん去っていきますから、
結果的に、自分に従う人しか組織には残りません。
そして、やったら報酬が返ってくるので、従順に従う組織になります。
毎日の掃除で従順さが骨身に付いた従業員は、
緊急事態の指示に対しても、従順にスピーディに反応できます。
ここまでの組織に持っていくことが、真の目的です。

小山氏が凄いと思うのは、その真の目的の部分を隠そうとせず、
堂々と著作内で言い切ってしまうこと。
きっと普段から社内でも従業員に向けて言っているのでしょうね。
だから、隠す必要がない。

もちろん、整理整頓自体が運営の効率化に及ぼす効果は大きいと思います。
無駄をなくし、スピーディに対応でき、ミスも防げます。
しかし、それ以上に、トップダウンですぐに動ける組織に育て、
一方で、日々の業務については小さな改善を自分たちで行えるような裁量を残しておく、
このような絶妙な匙加減が、業績向上につながるのでしょうね。

あとは、小山イズムに薫陶した経営者は、
自信をもって従業員に環境整備を押し付けて(笑)いけるので、
その方針に従える従業員にとっては、ぶれない頼もしい経営者に映るのでしょう。

タイトルは、小山イズムを正しく表現していないと思いますが、
内容は非常に面白かったです。

また、一般のビジネス書と違って、
名の知られていない元気な中小企業の事例をたくさん知ることができるので、
中小企業経営者にとっては、刺激的な本だと思います。


【決定版】 朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる! ―ガラリと生まれ変わった業種別30社の秘密―【決定版】 朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる! ―ガラリと生まれ変わった業種別30社の秘密―
小山 昇

ダイヤモンド社 2014-09-12
売り上げランキング : 65693

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  小山昇 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『歴史の黒幕』 | メイン | 『SING』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5152-754c49fb
| メイン |