『魚・さかな・肴』
- 2017/03/25(Sat) -
粟屋充 『魚・さかな・肴』(主婦の友社)、読了。

仕事で東京に行ったときに、空き時間に神保町をぷらぷら。
久々の古書店街の空気を楽しみました。
そんなときに買ってきた一冊。

店頭でパラパラとめくってみたときは、
紙面構成の感じから「ちょっと辞典っぽいのかな?」と感じたのですが、
実際に読んでみると、エッセイとして上質な文章で、
非常に面白かったです。

著者が魚大好きなのはすべての行間から漂ってきています。
そして、それぞれの魚に合わせたお薦めの食べ方も紹介されており、
グルメガイドとしても、地方の郷土食ガイドとしても面白いです。

一方で、食材マニアの人にありがちな
変なものまで何でも愛好するという特異さはなく、
例えば、サバフグには毒がないと聞いても、自ら調理して食べることは控えたりと
非常に真摯に魚の食文化に向き合っている印象を受けました。

続編も出ているようなので、
お魚エッセイとして楽しんでいきたいと思います。


魚・さかな・肴―食いしん坊釣師の料理ノート (1979年)魚・さかな・肴―食いしん坊釣師の料理ノート (1979年)
粟屋 充

主婦の友社 1979-06
売り上げランキング : 2018675

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ダイビング @尾鷲 梶賀浦 | メイン | 『青天の霹靂』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5151-cd58a995
| メイン |