『青天の霹靂』
- 2017/03/24(Fri) -
劇団ひとり 『青天の霹靂』(幻冬舎文庫)、読了。

デビュー作が面白かったので、
第2弾も読んでみましたが・・・・・・思っていたほどではありませんでした。残念。

主人公は冴えないマジシャン、
タイムトラベルもので、自分が生まれた頃の時代に飛ばされて・・・・・。

芸人さんが書いた小説として眺めると、
身近な世界を舞台にしていて、物語もコメディ系だし、
軸となる設定も、王道のタイムスリップもの。

前作と比べると、「軽くなったなぁ」という感じです。
これがデビュー作なら、「あぁ、芸人が書いた小説ね」と納得できそうな感じ。
「こんなもんだよね」みたいな。

昭和の浅草エンタメの世界を描いているという点では
面白く読めました。
でも、小説としては、奥行きがない平べったい話だなという印象で終わってしまいました。


青天の霹靂 (幻冬舎文庫)青天の霹靂 (幻冬舎文庫)
劇団ひとり

幻冬舎 2013-08-01
売り上げランキング : 117406

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『魚・さかな・肴』 | メイン | 『歴史の黒幕』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5150-87d6aa8b
| メイン |