『ふたりの平成』
- 2017/03/18(Sat) -
橋本治、中野翠 『ふたりの平成』(主婦の友社)、読了。

橋本治氏、中野翠氏、それぞれの作品を読み、
「文章がクドいなぁ」とか、「ぶった斬る人だなぁ」とか、
作品の感想はあったのですが、
日本の文芸界とか批評界においての位置づけが良く分かってませんでした。

今回の対談で、お互いのことを評しているというか、茶化しているというか、
そのやり取りで、少しずつ、2人の位置づけというものが分かってきました。
どっちも異端児という(笑)。

アグネス論争とか、その時代には子供だった私でも、
どんな内容だったのかザックリとは知っているほど有名な論争。
私が同時代性を感じられるようなテーマで、
何か論争ってありましたっけ?
こんな、世間一般を巻き込むような。

論争があってこそ、異端児評論家の出番のような気がして、
今の時代において、この2人が発言すべきテーマがあればなぁ・・・・・
なーんて、思ってしまいました。

ちなみに、私は、橋本治氏の「~なの。~から。~じゃない。」と続く言葉遣いは、
かなり苦手かも。
活字では読みたくない感じ(苦笑)。
映像でなら・・・・・・いや、だめかな。


ふたりの平成 (ちくま文庫)ふたりの平成 (ちくま文庫)
橋本 治 中野 翠

筑摩書房 1995-12
売り上げランキング : 513029

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  中野翠 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『すきまのおともだち』 | メイン | 『お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5148-e08677e2
| メイン |