『詩集 朴』
- 2017/03/15(Wed) -
坂村真民 『詩集 朴』(大東出版社)、読了。

近所のおじいちゃんからいただいた本。

全く知らない人物だったのですが、
帯の文句からすると、仏教思想を基盤にした詩を書く人だそうで
試しに読んでみました。

まず感じたのは、平易な日本語で詩が作られており、
すーっと自然に読み進めていけるということ。

仏教的な言葉や思想も登場しますが、
全く違和感がなく、心の中に落ちてきます。

それは、宗教の枠組みを超えた、
人間らしい心の在り様を詠っているからなんだろうなと感じました。

家族への温かな思い、自分への厳しい目、
そして、自らの決意を述べるときの強い気持ち、
それが素直に詠われており、心に染み入ります。

詩集にしては、非常にボリュームのある本でしたが、
どんどん読み進めていきたくなるようなエネルギーを持った一冊でした。


朴―詩集朴―詩集
坂村 真民

大東出版社 2012-08
売り上げランキング : 2569093

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  詩集 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『老いかたレッスン』 | メイン | 『カルガモ母さんが舞う』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5143-345fd107
| メイン |