fc2ブログ
『生きとし生けるもの』
- 2007/02/22(Thu) -
山本有三 『生きとし生けるもの』(新潮文庫)、読了。

正直なところ、描かれている世界に違和感がありました。
作品が書かれた時代のせいかしら?

夏樹が仕事で失敗をしてしまう過程、
その失敗に対する父であり創業者の周作の態度、
経理処理のミスを問われた民子の処遇など、
特に会社組織の描き方に、現実味が無いように感じました。
もっと組織は冷徹に合理的に動いていくものではないのかと。

一方、ゆき子という不思議な女性が登場して
物語の展開が面白そうになってきたところで、作品は終了・・・。
新聞連載中に作者が体調を崩して、執筆中断となったとか。

やむを得ない事情とはいえ、拍子抜け。


生きとし生けるもの
生きとし生けるもの山本 有三

新潮社 1955-01
売り上げランキング : 754249


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  山本有三 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<内村さまぁ~ず | メイン | 『挑戦の時』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/514-7790ae16
| メイン |