『影の鎖』
- 2017/03/03(Fri) -
夏樹静子 『影の鎖』(角川文庫)、読了。

近所の公民館から廃棄処分に出されそうになっていたので
それをもらってきました。

殺人事件をめぐる謎解きを行う短編集ですが、
どの事件も手の込んだトリックが弄されていて、
「ここまで面倒な手段を選ぶ殺人犯は居ないよ・・・・」と思ってしまいました。

そこまで準備を整える計画を立て、労力を惜しまず動くような性格の人は、
たぶん、殺人事件なんかを起こさなければいけない境遇には
まず陥らないと思います(苦笑)。

というわけで、あんまり、のめり込める作品はなかったのですが、
ハプニング殺人事件は、設定が面白かったです。
ただ、コトの真相は、やっぱり複雑すぎて、リアリティないです・・・・・。


影の鎖 (角川文庫)影の鎖 (角川文庫)
夏樹 静子

KADOKAWA / 角川書店 2015-05-25
売り上げランキング : 58535

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  夏樹静子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『死定席』 | メイン | 『経済のニュースが面白いほどわかる本』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5134-cf364dd0
| メイン |