『ミステリー列車が消えた』
- 2017/03/08(Wed) -
西村京太郎 『ミステリー列車が消えた』(新潮文庫)、読了。

国鉄が企画した行き先不明の「ミステリー列車」。
相当な倍率の抽選を経て乗車できた400人の乗客は、
いつも間にか列車ごと行方不明になっていた・・・・・。

鉄道ミステリーを得意とする著者らしく、
ミステリー列車という企画モノの設定が事件に与える制約が面白く、
また、誘拐事件の犯行計画の組み立てなど、
「そんなことが可能なのか!」というマニアックな視点が活かされており、
プロットは面白かったです。

しかし、警察側の捜査体制があまりにリアリティがなく、
エンタメ性というか、十津川警部のスーパーマンぶりを誇示するために
荒唐無稽な推理小説になってしまった感があります。

400人もの乗客が行方不明になり、国鉄の総裁さえ巻き込んだ騒動になっているのに、
警察側も国鉄側も事件解決に投入されている人員は数名。
日本社会において最も統制のとれた組織の一つであろう警察と鉄道。
この2つが組み合わさりながら、個人プレーで解決しようとする設定は
キャラクタ・シリーズものの限界を覚えずにはいられません。

そして、捜査の進め方や推理の展開1つ1つにしても、疑問が。
ミステリ列車が行方不明になったことを隠ぺいするために
旅程が急遽1日延長されたと家族たちに発表したり、
川であがった死体の額に帽子の日焼け跡があっただけで鉄道マンだと判断したり、
民間飛行機の追跡を自衛隊に頼んだり。
そりゃぁ、ないでしょうに・・・・・。

エンタメ性を追求しすぎて、荒唐無稽さが目についてしまいました。

あと、現在の運行管理情報が細かく把握されている仕組みのもとでは、
このような犯行は不可能でしょうから、あくまで昭和の時代のお話というか、
もしかすると、私よりも若い世代の人たちは、もうこのようなアナログ社会を
想像できないのではないかと思ってしまいました。


ミステリー列車が消えた (新潮文庫)ミステリー列車が消えた (新潮文庫)
西村 京太郎

新潮社 1985-01-29
売り上げランキング : 857195

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  西村京太郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<笑神様&Music Lovers | メイン | QSP>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5132-984e7072
| メイン |