『コロヨシ!』
- 2017/02/26(Sun) -
三崎亜記 『コロヨシ!』(角川文庫)、読了。

高校生の運動部「掃除部」。
過去の戦争の歴史の経緯から、国家の統制下に置かれることとなったスポーツで、
高校3年間しか活動することを許されない。
そんな架空の国での架空のスポーツに青春を捧げる高校生たちの物語・・・・・。

という要約になると、清く正しく明るい高校生のスポーツものを想像しくなりますが、
この本では、むしろ、国家によるスポーツ統制の重苦しい面が強調されており、
スポーツ小説と謳うには、苦しいところがあるような気がしました。

三崎作品の、「なんだ、この設定は!?」という驚きは、
本作も十分に味わえるのですが、相変わらず私との相性は悪く、
設定に凝り過ぎて、読んでいて世界感が窮屈なんですよねぇ・・・・。

掃除部としてのスポーツ&青春の面をキラキラと描くこともできるだろうに、
そうではなく、国家、統制、制約、政治といった要素をこれでもかというほどに書き込んでいます。

架空の国の架空のスポーツの状態を描写することに一生懸命で、
そこで活動する人々の生活の息吹のようなものが感じられず、
私には合いませんでした。

設定を描くことに一生懸命になりすぎるというのは、
小説としては、本末転倒な気がします。


コロヨシ!! (角川文庫)コロヨシ!! (角川文庫)
三崎 亜記

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-12-22
売り上げランキング : 728140

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  三崎亜記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『観音力』 | メイン | 『民王』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5124-e7cf293f
| メイン |