『桐島、部活やめるってよ』
- 2017/02/19(Sun) -
朝井リョウ 『桐島、部活やめるってよ』(集英社文庫)、読了。

タイトルが気になっていた作品でした。
ようやく100円で見つけられたので、早速。

田舎の県立高校のバレー部キャプテンが、
突然、部活を辞めてしまった。
それに巻き込まれるバレー部の面々、周囲の部活の面々、
さらにその周辺の人々の各人の視点で高校生活を描写していくというもの。

読む前は、段々と辞めた真相が分かってくるような仕掛けになっているのかな?と
思っていたのですが、そうではなくて、桐島が部活を辞めたということが
どんな立場の人にどのような影響を大なり小なり及ぼしたのか、
意識的に、または無意識の面で影響したのかを描いていて
非常に面白く読めました。

結局、桐島という人物に迫っていくことはなかったのですが、
途中から、そこはもう、どうでも良いような感じになってきました。
それよりも、子供の頃って、毎日こんな感じのことを考えてたよなぁ・・・・なんて
感慨にふけってしまいました。

ま、私は、進学校の高校に行ってしまい、部活は半端な状況でしたし、
勉強ばっかりで、あまり休み時間とか放課後とかに遊んだ思い出がないので、
むしろ、中学校の頃を思い出しながら、本作を読んでいました。
それはそれは、楽しい中学生活だったので。

直接、桐島のことを知らない人間も、
桐島の行動に何らかの影響を受けているということ。
社会という仕組みの興味深い一面を上手く利用した作品だなと思いました。

これを19歳で書いたという作者。
驚きです。
でも、高校生に近い感性だからこそ、書けたという面もあるのでしょうか。
男性の作家さんで、ここまで高校生の瑞々しさを描けるのは凄いなと思いました。

そして、ふいに登場してきた「ウッチャンナンチャンのナンチャンのほう」。
笑ってしまいました。


桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)
朝井 リョウ

集英社 2012-04-20
売り上げランキング : 9093

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  朝井リョウ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『SOSの猿』 | メイン | 『イニシエーション・ラブ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5115-bc710dc1
| メイン |