『ランチのアッコちゃん』
- 2017/02/11(Sat) -
柚木麻子 『ランチのアッコちゃん』(双葉文庫)、読了。

お初の作家さん。
徳ちゃんがお奨めしていたこともあり、読んでみました。

うーん、正直なところ、ちょっと軽いというか、
「そんなに上手く行くかいな!?」と思ってしまったため、
あんまり共感できませんでした。
どうも私は、飲食業界モノに厳しく当たってしまうようです(苦笑)。

アッコさんが、そんなにデキるキャリア女性に見えないし、
会社における派遣社員とのやりとりも、何だかリアリティに欠けます。
著者は製菓メーカーとかで就業経験があるようですから、
私が経験した業界との風土の違いによる違和感なんですかね?

リアリティが感じられないなら、いっそのこと、
最終話のような突き抜けたファンタジー系お仕事小説の方が
面白く読めました。

ま、明るいエネルギーを気軽に受け取るには
手ごろな短編集なのかもしれませんね。

最終的な感想は、徳ちゃんって、どんな作品にも真摯に向き合うんだな・・・・・ということ。


ランチのアッコちゃん (双葉文庫)ランチのアッコちゃん (双葉文庫)
柚木 麻子

双葉社 2015-02-12
売り上げランキング : 10006

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『すばらしい三重の文化財Ⅱ』 | メイン | 『天才』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5101-452ed397
| メイン |