『熊野産業史』
- 2017/02/07(Tue) -
みえ熊野学研究会 『熊野産業史』(東紀州観光まちづくり公社)、部分読。

こちらも図書館で時間つぶしに読んでいたのですが、
時間切れで途中で終わっちゃいました。

お魚関係の章から順番に読んでいたのですが、
やっぱり漁業関連の調査は興味深いです。
特に漁村文化史的なモノ。

ちょっと表面的な報告で終わってしまっているものもあり、
このような小論文の寄せ集めの本ではなく、
しっかりとした研究論文も、いつか読んでみたいなと思いました。

尾鷲市の岩田市長が、市長になる直前の寄稿のようですが、
熊野灘の変わったお魚について、自分の捕獲経験や食経験を
ふんだんに盛り込んだ独自の考察を行っており、
さすがお魚市長となる人ですね。


熊野産業史―海と山の恵みに生きる (みえ熊野の歴史と文化シリーズ)熊野産業史―海と山の恵みに生きる (みえ熊野の歴史と文化シリーズ)
みえ熊野学研究会

みえ熊野学研究会 2008-03
売り上げランキング : 937470

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  みえ熊野学研究会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ワーカーズ・ダイジェスト』 | メイン | そうだ旅&ハッピー>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5097-b8aba693
| メイン |