『金融報復リスクヘッジ』
- 2017/01/31(Tue) -
相場英雄 『金融報復リスクヘッジ』(徳間文庫)、読了。

リーマンショック後の日本の金融界を舞台に
ビジネスや官僚の世界の駆け引きを描いた連作短編集。

冒頭の「ロング・ショート」は、投資ファンドの話で、
ちょっと専門用語を使った会話を前面に出し過ぎた感があり、
小説としてのテンポが悪いように感じました。

話が進むにつれて、段々と角が取れて読みやすくなりましたが、
読者が置いてきぼりになってしまうのは残念でした。

私の好みは、やっぱり、民間人だけでバタバタ揉めているものよりも、
官僚と民間がやり合うお話(笑)。

官僚って、この手の話では悪者として描かれることが多いですが、
それでも、国全体の舵取りを意識して職務に取り組んでいる視野の広さや
タイムスパンの長さは、やっぱり惹かれるモノの見方です。

本作でも、落合という官僚が登場しましたが、
この人の理屈も、私は、興味深く読ませてもらいました。
悪人として描かれてますけどね。

金融に関しては、特に官僚のさじ加減一つで
経済に大きな影響を与える分野ですので、
官僚 vs 民間の長編とか、読みたくなっちゃいました。


金融報復 リスクヘッジ (徳間文庫)金融報復 リスクヘッジ (徳間文庫)
相場 英雄

徳間書店 2010-05-15
売り上げランキング : 228039

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ゴキブリの歌』 | メイン | ダイビング @串本>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5087-5deeedf5
| メイン |