『ドラママチ』
- 2017/01/14(Sat) -
角田光代 『ドラママチ』(文春文庫)、読了。

タイトルを見たとき、意味がつかめなかったのですが、
読んでみたら「〇〇待ち」という意味で「〇〇マチ」という作品が続く短編集でした。

冒頭の「コドモマチ」。
夫の浮気相手が勤めるクリーニング屋に
毎日様子を見に出かける主人公。
クリーニング屋の仕事が終わって帰宅する間も後をつけ、
しかし、眺めるだけで帰ってくるという毎日。

狂気よりの女性が登場する話は、これだけに終わらず、
次の「ヤルキマチ」は何もかもが面倒になり自分の生活にも無関心な女が
周囲の人々を見下しまくるお話。
普通じゃない女性の日常を丁寧に描かれて、さすがに辟易。

次の「ワタシマチ」は、モデルをやるような美貌の女が
冴えない男とデートしてあげる話でしたが、
女性の性格はともかくとして、狂気度は低くなってきて、
だんだん読みやすくなってきました。

その後、「ツウカマチ」あたりから、
ちょっと寂しい女性が主人公の話が増えてきて、
共感度がぐんと上がりました(苦笑)。

なんで、こんなに冷静に突き放して世間を見ちゃうんだろうな・・・・・みたいな。

後半の「ゴールマチ」「ドラママチ」「ワカレマチ」あたりが
面白くて一気読みでした。
男の人が呑気な中で、女は冷たいほどに冷静だよなぁ・・・・なんて。

どの作品にも、印象的な喫茶店が登場し、
町の喧騒と切り離された異空間ぶりも興味深かったです。
喫茶店でコーヒーを飲む醍醐味って、やっぱり日常生活からの離脱ですよね。


ドラママチ (文春文庫)ドラママチ (文春文庫)
角田 光代

文藝春秋 2009-06-10
売り上げランキング : 233231

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  角田光代 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『朝霧』 | メイン | 『クドリャフカの順番』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5072-7881196c
| メイン |