『クドリャフカの順番』
- 2017/01/13(Fri) -
米澤穂信 『クドリャフカの順番』(角川文庫)、読了。

古典部シリーズ第3弾。
次を読むかどうしようか迷う・・・・と書いた第2弾の感想

結局、読んでみたのですが、
段々と冗長さには慣れてきたみたいで(苦笑)、結構面白く読めました。

前半は、話の展開がゆっくりだったこともあり、
ことのほか冗長さが気になりましたが、
「十文字」の活動が周知の事実となってくると、
学校全体を動かしながらの騒動となり、
どんな展開になるのだろうかとワクワクしながら読みました。

そして、地味に気になったのが、
どうやって古典部文集『氷菓』を200部も売るのかということ。
誤発注で200部作ってしまい、売値200円ということは、
全く売れなくても耐えられない赤字額ではないとはしても、
文化祭3日間でどうやって売るとするのか、そのプロセスが気になりました。

サイドストーリーではありましたが、
福部の作戦は、意外と好きでした。面白かったです。

わらしべ長者とか、くだらないサイドストーリーも
結構楽しめました。

しかし、それらのサイドストーリーを絡ませていき、
大団円に持っていくための最も要となる場面に
お姉さん登場で、その展開は、ちょっと無理過ぎないか???と。
行動に必然性がないように思え、すっと気持ちが醒めちゃいました。
それとも、この行動も謎解きの末の計算の上なのでしょうか?

高校の中という狭い世界で、
文化祭というハレの空間において、
罪のないゲームをワイワイ繰り広げているようで、
読後感はスッキリとした青春作品でした。


クドリャフカの順番 (角川文庫)クドリャフカの順番 (角川文庫)
米澤 穂信

角川書店(角川グループパブリッシング) 2008-05-24
売り上げランキング : 8241

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  米澤穂信 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ドラママチ』 | メイン | 『パラダイス・ロスト』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5071-d259f91f
| メイン |