『パラダイス・ロスト』
- 2017/01/12(Thu) -
柳広司 『パラダイス・ロスト』(角川文庫)、読了。

D機関シリーズ第3弾ですが、
本作は、少し変化球のストーリーが多く、
私個人としては、あまり好みではありませんでした。

シリーズ物の宿命なのかもしれませんが、
スパイ活劇ばかり見せていても読者は飽きてくるという判断でしょうか。
それとも著者の方が飽きちゃうのかな。

最後に前後編で収録された
「暗号名ケルベロス」は、スパイものの王道のような、
スパイの主人公を中心に物語が展開していくので、面白く読めました。

やっぱり、スパイものは、スパイがあってナンボのもんでしょう!


パラダイス・ロスト (角川文庫)パラダイス・ロスト (角川文庫)
柳 広司 森 美夏

角川書店 2013-06-21
売り上げランキング : 10632

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  柳広司 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『クドリャフカの順番』 | メイン | 『三重県の歴史』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5070-729bb334
| メイン |