『犯罪小説家』
- 2016/12/30(Fri) -
雫井脩介 『犯罪小説家』(双葉文庫)、読了。

すごーく久しぶりだった雫井作品
1作1作の文量が多いから、どうしても積読になりがちなんですよね・・・・。
本作も、文庫本で450ページ。

賞レースを勝ち取った新進作家の作品が映画化されることになり、
その監督・脚本・主演を、気鋭のホラー脚本家が担当することに。
しかし、早々に出来上がってきたプロットには、原作にないモチーフが加えられており
別の作品に仕上がりそうな予感が。
4年前に起こった、自殺系サイトの主宰者の自死という事件を無理やり作品に
結びつけようとする脚本家の姿勢を巡り、
作家と脚本家の間で、静かな押し問答が繰り返されることに。

前半は、この「映画化」というビジネスに関する
原作作家と映像化責任者との意見の対立という、
ま、ある種、現実世界でよくありそうなテーマを軸に話が進んでいき、
それはそれで興味深い話ではありますが、
ややテンポが悪く、展開も地味です。

しかし、現実世界で起きた自殺系サイトの主宰者の自死、
そして主宰者と幹部たちの関係性、幹部たちのその後という話が
中盤以降、メインになってくると、一気に物語が動き出します。
その中心になるのが、フリーの女性記者。
彼女が、どんどん当時の事件の真相を明かしていき、
やがて、自殺系サイトと原作作家とに関係性があったのではないかとする
情報に行き当たることに。

ここで、脚本家の空想と、現実の事件が捻じれながら繋がっていくような
不思議な世界が広がっていくことになり、
しかも、ネット世界のコミュニケーションと、現実世界の人間関係という
これまた複雑な背後関係により、様々な可能性が想定できる事態に陥ります。
このあたりのサスペンス度合いがお見事です。

原作作家と女性記者が、2人きりで対話したシーンなど、
その緊張感が読んでいるこちらにまで伝わって来て、
この作品で一番読みごたえがあるシーンだったと思いました。

最後、コトの真相がわかった場面も、
歪んだ狂気をはらんでいるというか、2つの別種の狂気が1つの空間に共存していて
非常に不気味な舞台を作り上げていました。

一気読みできる、非常に面白い作品でした。


犯罪小説家 (双葉文庫)犯罪小説家 (双葉文庫)
雫井 脩介

双葉社 2011-05-11
売り上げランキング : 264648

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  雫井脩介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<謹賀新年 | メイン | 『マネジメント信仰が会社を滅ぼす』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5060-054d6f19
| メイン |