FC2ブログ
『サマーレスキュー』
- 2016/12/25(Sun) -
秦建日子 『サマーレスキュー』(河出文庫)、読了。

3つのお話が収録されていますが、
1つ目を読み終わったときに、「え!?これで終わり???」となってしまいました。

「あ、秦建日子か・・・・・」ということで、
ドラマのノベライズ版だと気づきました(苦笑)。

続く2つ目のお話も、1つ目から続いている連作ものではありましたが、
やっぱり、内容が薄いです。

登山における病気や事故、そして死という重たいテーマを扱いながら、
言葉が軽いというか、あまり生死に対する尊厳を感じないというか。
青臭い医師が、言葉遊びをしているような印象を受けました。

最後のお話は、鼻持ちならない主人公を取り巻く看護師や先輩医師の
迫力のある言葉に共感を覚えましたが、
しかし、それでも、物語の展開の軽さというか
都合の良い改心には、なんだか興ざめでした。


サマーレスキュー ~天空の診療所~ (河出文庫)サマーレスキュー ~天空の診療所~ (河出文庫)
秦 建日子

河出書房新社 2012-07-18
売り上げランキング : 533752

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  秦建日子 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『頭のいい人が儲からない理由』 | メイン | 『いい人生の生き方』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5057-38b026e7
-『And so this is Xmas』 秦建日子-
「秦建日子」の長篇サスペンス小説『And so this is Xmas』を読みました。 [And so this is Xmas] 「秦建日子」作品は、今年の2月に読んだ『ザーッと降って、からりと晴れて』以来なので、約半年振りですね。 -----story------------- 恵比寿、渋谷、そして…連続爆弾テロ犯の要求は日本国首相とのテレビ生対談。 圧倒的知識を持つ爆弾テロ犯の目... …
2019/08/21 21:30  じゅうのblog ▲ top

| メイン |