『頭のいい人が儲からない理由』
- 2016/12/26(Mon) -
坂本桂一 『頭のいい人が儲からない理由』(講談社)、読了。

ドカ買いしてきた中の一冊でしたが、思いのほか面白かったです。

まず、著者について認識がなかったのですが、
アドビシステムズやウェブマネーを設立した人ということで、
時代を先取りする起業家であると知りました。

そして、そんな著者が、ビジネスの神髄を説いているのですが、
熱いメッセージと、実際に著者が行動して得た成果という実績が語られているので、
頭にしっかりと入ってきます。
納得感があり、またシンプルな提言なので、自分の行動にも反映しやすそうです。

営業には2通りいる。これを買えと叫べる奴と、最後まで叫べない奴。

大塚商会の専務の言葉が紹介されていましたが、
最近、自分自身が営業活動をしていて、
これは痛感します。

個人の資質の問題だけでなく、その場面で自分に叫ぶ勇気があるか否かも。
バイヤー向けに営業するときは「是非商品を置いてください」と結構強く出れるのに、
個人消費者向けには「いかがですか?」とやさしく伝えて尻すぼみになってしまうような。
エンドユーザーの厳しい目を怖がっちゃってるのかなと自分で思います。

そんな自分を奮い立たせるためにも、
様々な著者の経験が語られた本作は、ためになりました。


頭のいい人が儲からない理由 (講談社BIZ)頭のいい人が儲からない理由 (講談社BIZ)
坂本 桂一

講談社 2007-03-27
売り上げランキング : 302787

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『監督・選手が変わってもなぜ強い?』 | メイン | 『サマーレスキュー』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5055-e84edf5d
| メイン |