FC2ブログ
『アダムの裔』
- 2007/02/07(Wed) -
小松左京 『アダムの裔』(新潮文庫)、読了。

文明批判の色合いが若干強すぎるかな・・・という印象を受けた短編集でした。
モチーフが直接的に描かれている作品が多いです。

さらに、ちょっとエログロ的要素もあり、ある意味、濃い一冊でした。

「お召し」が物語性に富んでいて、一番面白かったです。


アダムの裔
アダムの裔小松 左京

新潮社 1973-04
売り上げランキング : 851926


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  小松左京 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『PAY DAY!!!』 | メイン | 『政商誕生』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/505-9b78b14a
| メイン |