『とせい』
- 2016/12/07(Wed) -
今野敏 『とせい』(中公文庫)、読了。

ヤクザの親分が、急に出版社の社長業をやりたいと言い出した!

ヤクザものって、コメディ路線で面白い作品が時々ありますよね。
独特な文化があり、また上下関係が絶対などルールが明確で、
しかも一般人には少し壁がある世界ということで、
デフォルメするには良い材料なんでしょうね。

本作に登場するヤクザな人たちは、任侠道に生きる昔ながらのヤクザさん。
素人には迷惑をかけはいけないという心得と、
面子をつぶされたら黙っていないという心意気。
そこから始まるドタバタ劇は、ふふふと笑える微笑ましい感じ。

また、ヤクザな方たちが語る人勢哲学というか、ヤクザ道の至言も、
なかなか勉強になる含蓄のあるお言葉で、面白かったです。

いくつか同時並行で進んできた問題がどうやって解決されるか、
それは途中で分かってしまいましたが、
ま、期待通りの筋がきっちり描かれて、スッキリ読み終われるというのも
気持ちの良いものですね。


とせい (中公文庫)とせい (中公文庫)
今野 敏

中央公論新社 2007-11
売り上げランキング : 317583

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  今野敏 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『捜査一課長』 | メイン | 『想像ラジオ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5039-2fab3665
-『とせい』(『任侠書房』に改題)-
とせい (中公文庫)今野 敏 中央公論新社 2007-11Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 任侠学園 (中公文庫) 任侠病院 アキハバラ (中公文庫) 曙光の街 (文春文庫) 白夜街道 (文春文庫) 今野敏による、ヤクザが出版社を経営するという設定で書かれた小説。 主人公の日村は阿岐元組の代貸(ナンバーツー)を務めているが、組が小さいこともあってトラブル対応... …
2016/12/14 20:19  雨読夜話 ▲ top

| メイン |