『炎の旅人』
- 2016/11/13(Sun) -
本間寛治 『炎の旅人』(七賢出版)、読了。

本を読んだり
展示会に行ったりしましたが、
松浦武四郎という人物は謎ばかりです。

分かっていないことが多いという意味ではなく、
私にとって、「こういう人だ」という定義づけが難しい人物という意味です。
一言で、「○○をした人」と言えない複雑さがあると感じます。

学問的には、儒学や本草学の流れの人なのでしょうが、
「探検家」という肩書を付けた途端に、一気に分からない人になってしまいます(苦笑)。

16歳という若さで、家出同然の旅に出発してしまうとことから普通ではないのですが、
その後、全国を、本当に全国をくまなく歩いているところが
常人のエネルギーではありません。

そして、北海道のアイヌ文化にかける思い。
それを記録する熱意。

一般人の常識では測れないスケールの人物だと思います。
基本的に地味でおとなしい三重県人から
突然変異的にこういう人物が生まれてくるところが面白いですよね。


炎の旅人―松浦武四郎の生涯炎の旅人―松浦武四郎の生涯
本間 寛治

七賢出版 1995-05
売り上げランキング : 1134530

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ハッブル望遠鏡が見た宇宙』 | メイン | 『自然とのふれあい』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5019-5aa8d3f3
| メイン |