『おとなの教養』
- 2016/11/12(Sat) -
池上彰 『おとなの教養』(NHK出版新書)、読了。

東工大のリベラルアーツセンターで教鞭をとる著者が、
「現代のリベラルアーツ」として選択した7つの分野。

「宗教」「宇宙」「人類の旅路」「人間と病気」「経済学」「歴史」「日本と日本人」

「経済」とか「法律」とかいった学問分野から7つ選ぶのかと思っていたので
この並びを最初に見たとき、「?」と腑に落ちないところがあったのですが、
「自分がどこから来て、どこに行くのか」という観点で選んだジャンルだと分かり、
1つ1つの解説を読んでいく過程で、だんだんと得心できました。

著者の本は、単なる解説にとどまらず、
著者自身の価値観を反映させた評価を加えていくので、
その見解に対して賛否どちらであったとしても、
読んでいて自分の頭が刺激される感覚を味わえます。

時々ドキッとするような右寄りの意見を言いながらも、
ベースは左寄りのような印象を受ける不思議な人です。
上手くバランス取ってる感じでしょうか。

とりあえず、この本を押さえておけば、
初歩の初歩であるにしても、教養の世界の入り口に指をかけるところに
行けるのではないでしょうか。


おとなの教養―私たちはどこから来て、どこへ行くのか? (NHK出版新書 431)おとなの教養―私たちはどこから来て、どこへ行くのか? (NHK出版新書 431)
池上 彰

NHK出版 2014-04-09
売り上げランキング : 1557

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  池上彰 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『自然とのふれあい』 | メイン | 『風のシンフォニー』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5014-27515e62
| メイン |