『戸村飯店青春100連発』
- 2016/11/09(Wed) -
瀬尾まいこ 『戸村飯店青春100連発』(文春文庫)、読了。

前からタイトルが気になっていた作品。
読んでみました。

こんなにも、無目的に上京したり、大学に進学したりすることを
ポジティブに軽やかに力強く描いた作品は、ないのではないでしょうか(笑)。

コテコテの大阪の中華料理屋に生まれた兄弟。
何でも器用にこなす要領の良い兄と、
お客さんたちに可愛がられる実家にどっぷりな弟。

しかし、それぞれの心の内は、
他人の目を気にしてばかりいる臆病な兄と、
漠然とした不安に目の前のことのみに一生懸命になろうとする弟。

ポップな会話が続きますが、
兄弟それぞれの内面を描いたシーンでは
意外と真面目に自分のことを考えて悩んでいる2人です。

何かしら目的があって大学に進学した人でも、
つまりは私でも、
毎日の学生生活をその目的のために過ごしていた訳ではなく、
むしろ、遊んでいた時間の方が長い訳で、
目的があろうとなかろうと、大学生活ってふにゃふにゃとした時間ですよね。

そんな軟らかい時間の中で、
この兄弟のように、自分のことを見つめる時間というのを作っているのは、
すごく重要なことなのではないかと、本作を通して感じました。
アウトプットとしての目的の有無よりも、
どんなアウトプットを産もうとするのか、その葛藤のプロセスが
20歳前後の時期には大事なのかなと。

それを、重たい話にするのではなく、
ここまでポップに見せながら、ちゃんと読ませる作品になっているというのは
著者の力量だなと思いました。

他の作品もチャレンジしてみたいと思います。


戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
瀬尾 まいこ

文藝春秋 2012-01-04
売り上げランキング : 204072

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  瀬尾まいこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『風のシンフォニー』 | メイン | 『面白いほどよくわかる聖書のすべて』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5012-8346ddb0
| メイン |