『鳥頭紀行 ジャングル編』
- 2016/10/18(Tue) -
西原理恵子 『鳥頭紀行 ジャングル編』(角川文庫)、読了。

酔った勢いで決まった企画に
数百万円と十数日を投資して、アマゾンまで行ってしまう人々。

ま、この突き抜け感が、一般人にはできない所業として
人気が出るところなんでしょうけれど。

アマゾン川で「トクナレ」なる魚を釣るというツアー。
「トクナレ???」、本作ではどういう魚か位置づけが分からなかったのですが、
読後にググってみたら、「アマゾンでトクナレ(ツクナレ)釣り」というのは
結構、有名みたいですね。
魚の写真もチェックできて、その大きさと姿から、釣り師の方が好む理由もわかりました。

という基本情報が得られないのは、
泥酔話が半分を占めるから(苦笑)。

ブラジルの文化の一端を知るには面白かったです。
でも、きっと、サイバラ女史らが見てきたのは、正当なブラジル文化ではないと思う・・・・(爆)。

ベトナム編や台湾編も後ろにくっついてたけど、
ジャングル編のようなパンチ力はなかったです。


鳥頭紀行 ジャングル編 どこへ行っても三歩で忘れる<鳥頭紀行> (角川文庫)鳥頭紀行 ジャングル編 どこへ行っても三歩で忘れる<鳥頭紀行> (角川文庫)
西原 理恵子 勝谷 誠彦

KADOKAWA / 角川書店 2013-10-25
売り上げランキング : 50185

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  西原理恵子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『独女日記』 | メイン | 映画宣伝>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4994-5cbe0908
| メイン |