『牛乳時代』
- 2016/10/14(Fri) -
中島らも 『牛乳時代』(角川文庫)、読了。

「あー、らもさんの本が100円だー」と、著者の名前だけで買ってきたのですが、
エッセイかと思いきや、なんと落語のネタ集でした。

予想外の内容でしたが、これがまた、器用に面白かったです。

ちゃんと、まくらがあって、
すぐに噺の方に入っていきますが、
かけあいありの、くすぐり的なギャグありの、
結構、ちゃんとした落語の噺になってて、面白かったです。

「鶏ぶるまい」とか「鉄工バンドが行く」とか
職場が舞台の話は、ウィットに富んでて面白かったです。

表題作の「牛乳時代」は、私的にはイマイチでした。
なんだか、男の子の世界感の話なんだろうなとは思いました。

短いかな?と思ってしまうぐらいの
サクッと終わるところが、良かったです。


牛乳時代―らも咄 (角川文庫)牛乳時代―らも咄 (角川文庫)
中島 らも

角川書店 1996-05
売り上げランキング : 808694

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  中島らも | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ZERO | メイン | 『紀の川殺人事件』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4992-ecc9f508
| メイン |