『銀行総務特命』
- 2007/02/02(Fri) -
池井戸潤 『銀行総務特命』(講談社文庫)、読了。

直木賞候補作家さんということで挑戦してみましたが、
大変読みやすい作品で、楽しめました。

読み始めてから「連作短編集か!?」と気づき、肩の力を抜いてみました。
(相変わらず気づくの遅い・・・)

自分が金融業界に居るため、銀行文化も馴染みが深く、
登場人物のモノの考え方とかに「居る居る、こういう人・・・」なんて感想も。

不祥事とまではいかないのですが
トラブル案件の始末に関わる仕事も自分の担当業務の一つなので、
指宿調査役の詰め方が勉強になりました。

それにしても、指宿、鏑木、唐木と、珍しい名前のオンパレードの作品でした。
ちょっとそこは違和感。


銀行総務特命
銀行総務特命池井戸 潤

講談社 2005-08-12
売り上げランキング : 215579

おすすめ平均 star
starダイナミックな銀行エンタテインメント
star意外と良かった?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  池井戸潤 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『決断の法則』 | メイン | 『アメリカ50州を読む地図』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/499-5a489001
-銀行総務特命新装版 池井戸潤 短編集。ドラマ化されました あらすじ、ネタバレ注意-
 推理小説 銀行総務特命新装版  半沢直樹、がドラマでメガヒットして  原作がのきなみ映像化されている池井戸潤  本作は、池井戸潤にとっての4冊目の著作  でもって、短篇集 ... …
2017/05/09 07:40  ベテランママは小説、エッセイ、ビジネス本大好き。あらすじ、ネタバレ注意 ▲ top

| メイン |