『カラマーゾフの兄弟』
- 2016/10/08(Sat) -
ドストエフスキー 『カラマーゾフの兄弟』(新潮文庫)、通読。

この連休に読むぞ!と気合いを入れて読み始めたのですが、
上巻の半分もいかないところで「もう無理かも・・・・」となってしまい、
読み進める作業と化した読書で終わってしまいました。

まず、登場人物の人間関係の把握に手間取り、
一度、人物相関図をWEB検索しちゃいました(苦笑)。

そして、物語の進行も、何人もの人間が自分の話を
延々と語っていくので、スピード感が得られず、
まどろっこしいという印象を受けてしまいました。

そこを、じっくり読めるだけの胆力を自分が持てていないため、
行の上を目が滑っていく感じで、頭に入ってきません。

「これは名作なのだ、世界の中でも傑作なのだ」という「情報」があるからこそ
頭では読み進めようと思えるのですが、
読んでいての感覚として面白いと感じられないため、
残念ながら挫折に近いエンディングとなってしまいました。

また挑戦しようと思う時が来るのかしら・・・・・・。


カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)
ドストエフスキー 原 卓也

新潮社 1978-07-20
売り上げランキング : 5473

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

カラマーゾフの兄弟〈中〉 (新潮文庫)カラマーゾフの兄弟〈中〉 (新潮文庫)
ドストエフスキー 原 卓也

新潮社 1978-07-20
売り上げランキング : 6964

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

カラマーゾフの兄弟〈下〉 (新潮文庫)カラマーゾフの兄弟〈下〉 (新潮文庫)
ドストエフスキー 原 卓也

新潮社 1978-07-20
売り上げランキング : 8361

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<津まつり 2016 | メイン | 『税務署は3年泳がせる。』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4987-75fe0e1f
| メイン |