『ナース裏物語』
- 2016/09/30(Fri) -
中野有紀子 『ナース裏物語』(文春文庫)、読了。

某病院での異物混入殺人事件が世間を騒がしていますが、
何となくその流れで、手元にあったナース・エッセイをば。

現役ナースが、看護の世界や病院という職場について書いているのですが、
結構、本音の話もあり、面白おかしく書いてます。

ただ、さすがナースという職業を10年以上こなしている方なだけあって、
ものすごくバランス感覚に優れています。

これ以上暴露してはゲスな感じになるという限度をわきまえつつ、
この程度のネタではお利口さんぶってて面白くないというラインもわかっている。
そして、個々のエピソードの病院や看護師が特定されないように配慮しながら、
慶○大学医学部に関してはメッタ切り(爆)。

こういう先輩がいたら心強いだろうなぁ・・・・と思わせるだけの
人間力がにじみ出ているエッセイだと思います。

薬品の紛失・盗難事件や、医療事故にまで至らないミスまで
ちょっと素直に話しすぎかも・・・・・と思うところはなくはないのですが、
さすがに異物混入による殺人事件の話は出てきませんでした(苦笑)。


ナース裏物語―白衣の天使たちのホンネ (文春文庫)ナース裏物語―白衣の天使たちのホンネ (文春文庫)
中野 有紀子

文藝春秋 2009-12-04
売り上げランキング : 54821

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『真昼なのに昏い部屋』 | メイン | 『四国はどこまで入れ換え可能か』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4982-e08f5c1a
| メイン |