『神も仏もありませぬ』
- 2016/09/13(Tue) -
佐野洋子 『神も仏もありませぬ』(ちくま文庫)、読了。

著者の名前は知らず、タイトルと表紙のイラストで買ってきました。
クスクス笑えるお気楽エッセイなのかな?と。

さて読もうかな・・・・と思って著者紹介を見てみると、
『100万回生きたねこ』の作者さんとのこと。
そうか、あの絵本の!私が何度もお母さんに読んでもらったあの絵本の!

で、エッセイを読んでみると、60歳を過ぎた著者の
北軽井沢での日常などを描いており、笑えるお気楽エッセイとは違ったものの、
ふふふと楽しい気持ちになる、へんちくりんなご近所さんがたくさん登場し、
気持ちの良いエッセイでした。

自然とともに生きることを、「自然の中で生きるんだ!」と肩ひじ張るのではなく、
穏やかな心境で自分の思うように暮らしていたら
結果的には自然を感じながら日々を過ごせています・・・・という大人な生活の
姿勢を身に付けている人ばかりで、素敵だなと思います。

読み終わった後にWikiで著者のことを調べたら、
すでにお亡くなりになってたんですね。
お母様、大丈夫だったのかな?と心配してしまいました。


神も仏もありませぬ (ちくま文庫)神も仏もありませぬ (ちくま文庫)
佐野 洋子

筑摩書房 2008-11-10
売り上げランキング : 13035

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)
佐野 洋子

講談社 1977-10-19
売り上げランキング : 1067

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  佐野洋子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『玄宗皇帝』 | メイン | 『孤高の人』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4967-7f899a73
| メイン |