『孤高の人』
- 2016/09/12(Mon) -
新田次郎 『孤高の人』(新潮文庫)、読了。

1泊2日で北陸に行ったので、
その旅情に合う作品として、本作を持って行きました。

槍ヶ岳や穂高岳等が舞台になっており、
実際にその山々を眺めながらの読書は情感がありました。

山に入ったときの、山の描写、風の描写、雪の描写が素晴らしい。
そして、それに向き合う山男たちの周到な準備であったり、
とっさの判断であったり、思わず感動して立ち尽くしてしまう心であったり、
そういう山に対する人間の描写も素晴らしかったです。

ただ、主人公の加藤文三郎という人物は、
山歩きの能力が高すぎてパーティを組んでの行動に向かず、
単独行という能力をただひたすら伸ばしてしまったがために、
人とのコミュニケーション能力に欠ける部分があります。

それは、たぶん、他人の状況を想像し、共感し、支援するという
パーティには最も大切なのではないかと思われる洞察力が
欠けてしまっているのではないかと思います。

最後、自分の押しかけ弟子のような男に引きずられ、
冬の厳しい山歩きに挑戦というか、挑まさせられることになりますが、
その山での主人公の団体行動における判断力や行動力の
冴えなささには驚かされます。

最後までその能力は開花することはなく、
しかも、開花しないことを主人公自信が悔しいとか残念だとか
思っていないことが、これまたビックリ。

自分自身の内側から湧き上がってきた意思に対しては強い信念がありますが
他人から与えられたシチュエーションには、底なしの受け身姿勢です。

主人公のような名の知れた存在になってしまうと
扱いにくい弟子というものは、生まれてきてしまうものでしょうから、
そこをコントロールする知恵も術も持ち合わせていなかったのが
この主人公の悲劇なのでしょうね。

最後のシーン、圧巻でした。


孤高の人〈上〉 (新潮文庫)孤高の人〈上〉 (新潮文庫)
新田 次郎

新潮社 1973-03-01
売り上げランキング : 3309

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

孤高の人〈下〉 (新潮文庫)孤高の人〈下〉 (新潮文庫)
新田 次郎

新潮社 1973-03-01
売り上げランキング : 3098

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  新田次郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『神も仏もありませぬ』 | メイン | 『孤独のチカラ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/4966-b4ad3e61
| メイン |